2016年01月25日

【共催】2/22廃棄物資源循環学会・若手の集い

【廃棄物資源循環学会九州支部「若手の集い」のお誘い】

(主催)(一社)廃棄物資源循環学会九州支部 鈴木慎也(調査研究部会)、(共催)福岡環境学際フォーラム

 廃棄物資源循環学会九州支部では,調査研究事業の一環として「若手の集い」を企画しました.今回は各種機関の皆様に研究助成事業のご紹介をいただけることになりました.助成事業の目的,概要,採択されたテーマやその動向をもとに,九州支部における共同研究を活性化しようという試みです.
 普段とは違う話で盛り上がりましょう!もちろん学生さんも大歓迎です!

1) 日時:2016 年2 月22 日(月)15:00-17:30(予定)
2) 場所:西南学院大学 東キャンパス 西南コミュニティセンター【2階会議室

3) 開催内容: 九州地域における調査研究の動向と将来展望
・ 各種機関による研究助成の紹介
  経済産業省九州経済産業局
  科学技術振興機構(JST)
  福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)
  福岡県リサイクル総合研究事業化センター
  北九州市環境局
  北九州産業学術推進機構(FAIS)
  ※ 採択課題からみる調査研究の動向
  ※ 採択課題・テーマの特徴
・ 参加者による自由討議
  ※ 共同研究の誘い
  ※ 公的機関,企業関係者からのコメント etc.


[申込方法]
 E-mail にて,ご氏名・所属・電話番号・E-mail アドレスをご記入の上,2 月16 日(水)までに下記までご送付下さい.
(一社)廃棄物資源循環学会九州支部 調査研究部会 担当:鈴木慎也
福岡大学工学部社会デザイン工学科水理衛生工学実験室内
〒814-0180 福岡市城南区七隈8-19-1
TEL: 092-863-8238
FAX: 092-863-8248
E-mail: ssuzuki@fukuoka-u.ac.jp

http://jsmcwm.or.jp/kyushu-branch/files/2016/01/222a24533b9050419fa71a0191e23fbe.pdf

posted by 学際フォーラム事務局 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他会合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

【報告】第15回研究会

昨日西南学院大学で開催した第15回研究会には、6名が出席しました。
研究会のテーマを「福岡超大学環境ゼミナールの総括〜産官学民連携教育の成果と課題〜」としていましたが、報告内容は多岐に及びました(下記参照)。各大学教員のゼミ・交流等で行っている実践教育の事例と理念整理、創造的な活動を展開する団体・企業の視点からの次世代教育の設計など、予定していた4時間を超えるかなり「こゆい」議論が行われました。

IMG_20150620_154112.jpgIMG_20150620_164756.jpgIMG_20150620_172745.jpg

研究会での報告タイトルは、以下の通りです。
@小出秀雄(西南学院大学経済学部)
→福岡超大学環境ゼミナールの成果と課題〜ESDの視点より〜
A勢一智子(西南学院大学法学部)
→地域連携型大学教育のポテンシャル―アカデミー(academy)とソサエティー(society)の架橋
B鄭雨宗(福岡工業大学社会環境学部)
→デジタル世代のアナログ教育への試み
C岡重男(lifesize designs)
→工学者が提案するFukuokaライフを愉しむための次世代科学教育
D松田晋太郎(合同会社ひびくー)
→環境ビジネスにおける企業・学生間連携の効果と可能性
※コメンテーター:冨永聖哉((株)ATGREEN)

懇親会には、4名が出席しました。
posted by 学際フォーラム事務局 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーラムの研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

6/20第15回研究会

福岡環境学際フォーラム・第15回研究会の開催について(通知)

150620_forum15.gif

福岡環境学際フォーラムの定例研究会を、下記の要領で開催いたします。ご出席くださる方は、そのあと開催いたします懇親会の出欠のご意向とともに、6月18日(木)までに小出(本フォーラム運営代表、koide@seinan-gu.ac.jp)までご一報ください。学生・一般のご参加をお待ちしております。


日 時:2015年6月20日(土)14:00〜18:00
適宜休憩あり。終了後近所にて、懇親会を開催いたします。

会 場:西南学院大学コミュニケーションプラザ1階 第3会議室
(福岡市早良区西新6-2-92)

テーマ:福岡超大学環境ゼミナールの総括〜産官学民連携教育の成果と課題〜

報告者:小出秀雄(西南学院大学経済学部)、勢一智子(西南学院大学法学部)、鄭雨宗(福岡工業大学社会環境学部)、岡重男(lifesize designs)、松田晋太郎(合同会社ひびくー)〔予定〕

↓PDF
posted by 学際フォーラム事務局 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーラムの研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

6/17対馬セミナー


150617_tsushima_seminar.gif


学生の力で対馬を元気に!セミナーin西南
【無料・予約不要・学内外のどなたでもご参加できます!!】

日 時:2015年6月17日(水)13:30〜15:00
会 場:西南学院大学4号館101教室
講 師:対馬市しまづくり戦略新政策推進課 主任 前田 剛(まえだ つよし)
主 催:西南学院大学教育インキュベートプログラム「福岡超大学環境ゼミナール」
後 援:福岡環境学際フォーラム

◎ねらい:
 今、長崎県対馬市の地域おこしが熱い。対馬での地域おこしや環境保全活動の紹介をはじめ、将来の地域おこしの人財育成のために、対馬市が積極的に受入を行っている学生実習プログラムについてご説明いたします。

◎内 容:
@国境離島対馬ってどんな島?
A10年先を行く日本の縮図 〜対馬の課題と地域おこし〜
B学生の力で対馬を元気に 〜地域実践活動の支援を通じてさらなる自己成長へ〜
 ・「域学連携」について
 ・これまでの受入実績と成果、学生の成長
 ・今年度の受入予定 〜募集説明〜

【参照サイト】:フィールドキャンパス対馬学舎
http://fieldcampus.city.tsushima.nagasaki.jp/
posted by 学際フォーラム事務局 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他会合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

3/14配布論文

第14回研究会において、伊藤康氏(千葉商科大学)が参考資料として配布した論文は、以下の通りです。

●伊藤康(2010)、「地球温暖化と経済学ー何故、日本で経済的手段は導入されないのか?ー」

●Ito, Yasushi (2012), "The effects of carbon/energy taxes on R&D expenditure in Sweden"

●Ito, Yasushi (2013), "Signaling effects of carbon tax in Sweden: an empirical analysis using a state space model"

●Ito, Yasushi (2014), "Finding the right policy mix - The impact of returning revenues of environmental tax on technological development"
posted by 学際フォーラム事務局 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする